Pips_miner_EAの特徴について徹底解説

Pips_miner_EAの特徴について徹底解説

Pips_miner_EAの特徴について徹底解説

USD/JPYなどの通貨ペアが人気の中、サブとして重宝しそうなGBP/USDペアを主戦場とするスキャルピング型の自動売買EAです。他EAとも被りが少ないペアと言えますので、サブEAとしてぜひ活用していきましょう。もちろん管理人もポートフォリオに入れている期待のEAです。

このEAは、トレード頻度を最大化し、勝ち負けを繰り返しながらも、トータルでは右肩上がりの収益を実現するという設計思想で作成された超高頻度トレード型EAです。

 

PipsをMining(マイニング=発掘)するという思想のEA

1日1トレード以上する仕様に設計されている為、スイングトレード型や1ポジ系のEAとの相性が良く、証拠金を遊ばせないで済むのでポジポジ病の方からは重宝されるはずです(笑)

EAには、大きく分けて
・高勝率型のEA
・高頻度型のEA
の2種類があります。

高勝率型のEAは、相場状況によってはトレードとトレードの間の「待ち時間」が待ち遠しいと感じるような場合があります。

そのような場合も、本EAのような『高頻度&安定収益型』のEAを1つ持っていると、高勝率型のEAの鉄板トレードの空き時間と、手持ちの余剰資金とを、無駄なく有効に活用する事が出来ます。

これらはどちらが優れているという事ではなく、それぞれに利点・欠点があり、両方を並行稼働する事によって、利点と欠点を補い合う事が可能となります。

実は、1つのEAだけで運用している方は極稀で、複数のEAを組み合わせる事で、自分なりの最強のポートフォリオを形成していく楽しみがあります。

Pips_miner_EAのエントリー時間

夏時間GMT『+3』のMT4で、サーバー時間『22、23、1、2、3時』となります。
日本時間では、およそ朝の5時~10時付近でのエントリーとなります。
検証の結果、この時間帯での勝率が、一番高いのだと思います。

Pips_miner_EAの具体的なトレードの様子

トレード頻度を最大化した超高頻度型EAの特徴の通り、エントリーから決済まで細かくトレードしているのが分かります。

設定が細かくいじれるので玄人向きな面も

EA初心者はデフォルトのままの運用で問題ありません。それぞれの説明もあるので慣れてきたら設定にもチャレンジしましょう。管理人は、TPを8から10pipsに変えてみました。

TP(テイクプロフィット)とは
利益確定値のこと。保有ポジションの利益が、TPで設定した値に達した時点で利益確定の決済を行います。
主な設定項目はこちら
■Lot設定
デフォルトは1ロットです。0.1ロットあたりの最大ドローダウンが15万円
GBP/USDの0.1ロットあたりの証拠金が7.5万円
【計算式 22.5万円 +(15×2)= 52.5万円】
→ 50万円程度から運用可能。
100万円であれば、0.2ロットが安定運用が出来る最適設定です。
その場合の平均年利見込みは+23.6%となります。■Boost(取引頻度)
デフォルトでは、Boost(取引頻度設定)=0
0~10で0に近いほど取引頻度が高くなり、10に近いほど厳選したエントリーを行いますが、取引頻度は少なくなります。■MM設定
MM percent は複利運用した場合に、1ポジションあたりの損失額が口座資金の1%になるようにロットを自動調整するRisk%のことです。デフォルトで複利運用してもリスクは少ないですが、利益も少なくなってしまいますので、複利で運用したい場合には、必ずこちらの設定をしたほうが良いでしょう。■ Max_lot_size
最大取引ロット数を指定できます。
デフォルトでは1ロット(10万通貨)となっています。
複利運用を数年した場合は割りとすぐにエントリーロットが10万通貨になってしまう可能性がありますので、口座資金に合わせて最大ロット数を変更しましょう。

Pips_miner_EAの作者について

作者名:ねこ博士
ゴゴジャンでは知らない人はいないと言う程、超有名なEA製作者
名機を数多く輩出。コンスタントに新作EAを発表しておりますが、そのどれもが高性能のEAでとても人気があります。
【過去の人気EA作品】
粉雪
吹雪
Scal_USDJPY

…etc

Pips_miner_EAの続編EAについて

実は、Pips_miner_EAには、早くもPips_miner_EAという続編EAが発売されており、こちらもおすすめのようです。なんと、管理人がPips_miner_EAを購入した時には、すでにこちらの新作EAが発売していたようです。

それでは、本家Pips_miner_EAとPips_miner_EA_Snipe_Editionの違いについて解説していきます。

(1)Pips_miner_EA
(2)Pips_miner_EA_Snipe_Edition

バックテスト結果での比較
2005年から2018年現在までのバックテスト結果は、以下の通りとなります。

自動売買EA名 PF値 収益 トレード数
Pips_miner_EA 1.5 21,000$ 9,600回
Pips_miner_EA_Snipe_Edition 2.0 14,000$ 3,800回

※0.1ロット運用  ※Snipe_Editionは、PFが2.0程度となる設定にて比較しております。

PF値(プロフィットファクター)とは
総利益と総損失の割合のこと      PF値 = 総利益 ÷ 総損失
総利益100万円 ÷ 総損失100万円 = 1 (1は、利益0となる数値)
PF値が1以上の数字じゃないと、利益が出ないことが分かります。

更にそれぞれの特徴をまとめますと、

(1) Pips_miner_EA

多頻度トレード、PFは1.5の為、比べると若干低めであるが、収益は高め。
負けトレードはあっても、総収益ではSnipe_Editionよりも上回る仕様。
※boost値を変更する事で、トレード頻度・PF値の調整も可能です。

(2) Pips_miner_EA_Snipe_Edition
本家に比べ、勝率の高いトレードに限定している為、トレード頻度は少なめ。
『より勝ちやすいトレード』だけを狙い撃ちする、というスタンス。
負けトレードを減らす事で、高いPFを維持。そして安心して見ていられる安定感があります。

攻めるか守るか。はっきりしている両EA。あなたはどちらを選びますか?
管理人は、ガンガン攻めていくタイプなのでPips_miner_EAで満足しております(笑)

Pips_miner_EAの運用実績はこちらより