VPSの速度を示す単位 ms( ミリセカンド )とは?

VPSの速度を示す単位 ms( ミリセカンド )とは?

ブローカーのサーバーに一番近いVPS選びは重要です。普段お使いのVPSからサーバーまでの応答速度はどれくらいなのか?
FX界隈では、応答速度のことをよくPing値と呼んでいますね。Ping値が小さい(速い)にこしたことはありません。
もし、最後の比較表と比べて遅いなと感じたならVPS会社を変更する事をおすすめ致します。

VPSからサーバーまでのPing値(応答速度)を調べる方法

VPSの速度は、MT4の「右下」に表示されます。

上図の右下を「クリック」すると、下図のように表示されます。
アクセスしているサーバーまでは、「 0.31ms 」となっていました。

 

応答速度の単位「 ms 」とは?

この速度の単位はあまり聞き慣れない「 ms 」( ミリセカンド )

ミリは、1,000分の1の単位。

セカンドは、「 」のことになりますので

この単位は、 1,000分の1秒 となります。

1秒は何ミリ秒に相当するか?

例題1:

1秒は、何ミリ秒に相当するか?

解答:

1 × 1,000 = 1,000 ms ( ミリ秒 )となります。

例題2:

1msは、何秒になるか?

解答:

1 / 1,000 = 0.001 s( 秒 )

例題3:

先ほどの図にあった速度「 0.31ms 」では、サーバーまで何秒なのか?

解答:

0.31/1,000 = 0.00031s(秒)

とにかくサーバーまでの速度はめちゃくちゃ早いという事が分かりましたね(笑)

Ping値(応答速度)の基準値について

それでは、一般的なPing値の速度の基準を下記に示します。

Ping値 速度
1~15ms とても速い
16~35ms 速い
36~50ms 普通
50~100ms 遅い
100ms~ とても遅い

先ほどのGUNMAXの環境下では、「0.31ms」でしたので、どれくらい速いものか分かって頂けたかと思います。
エントリーやクローズが1秒でも遅れてしまったらTP値でしっかりと利確出来なかったりと、損失につながりやすくなります。
指標発表などで大きく値が動く際も、素早くエントリーまたはクローズさせる為にVPS会社選びは重要だと思います。
ぜひ参考にしてみて下さい。

GUNMAXが使用しているTraders TrustでBEEKS社のVPSを無料で利用する方法はこちらの記事をご覧ください。

国内口座を利用の場合は、通信も安定しているこちらの記事をご覧ください。